敏感肌の方のクレンジング

subpage1

すぐに肌がヒリヒリしたり、赤くなったりと、トラブルが出やすい敏感肌の方は、どのようなクレンジングが向いているのでしょうか?肌の角層が荒れて乱れてしまい、本来備わっているはずのバリア機能が弱い状態になった肌のことを、敏感肌と言います。



医学的な症状ではなく、摩擦や乾燥や紫外線による外部からの刺激によるダメージや、疲労やストレスの蓄積、加齢や体質などが、様々な要因があると言われています。
敏感肌の方は、バリア機能が弱いため、外部からの刺激が肌内部に侵入しやすく、赤みやかゆみなどのトラブルを起こしがちです。
そのため、メイクを落とすクレンジングも、刺激の強い物を避け、合成界面活性剤や合成保存料、防腐剤のパラベンなどの化学薬品が使われている製品は、避けた方が無難です。香料や着色料も、合成のものを使用した製品は避け、天然のものを使用した製品を選ぶようにしましょう。無添加をうたった製品や、天然素材を使用した製品なら、低刺激のクレンジングで安心です。また、敏感肌の方は、本来なら隙間なく詰まっているはずの角層に隙間が出来てしまっていて、肌の内部から水分が逃げやすい状態になっています。



そのため、しっかりと保湿を行うことがとても大切です。


クレンジングも、セラミドやアミノ酸、ヒアルロン酸などの美容液成分や保湿成分を含んだものを選ぶと、肌の水分を逃がさずメイクを落とすことができて、効果的です。

あなたのご要望に応じたおすすめの敏感肌化粧品に対する期待が寄せられています。

なお、クレンジングにはジェルやオイル、ミルク、クリームなど様々なタイプがありますが、シートでふき取るタイプは、どうしても肌への刺激が強くなってしまいますので、肌が敏感になっている時は注意して使用するようにしましょう。