敏感肌のクレンジングの選び方と使い方

subpage1

敏感肌の方に適した、クレンジングの選び方と使い方があります。

クレンジングには、オイルやリキッド、クリームやミルクなど様々なものがありますが、敏感肌であまり濃いメイクをしない方には、クリームやミルクタイプのクレンジングが適しています。



特にミルクタイプのものは、水分が多くテクスチャーがなめらかで、肌への摩擦が起こりにくいため、肌への負担が少ないと言われています。

また、界面活性剤やパラベンなどが不使用、または含まれていても少量のものが多く、洗い上がりの潤い感にもこだわりがあるので、敏感肌の方も安心して使用することができます。


ただ、ウォータープルーフのファンデーションを使用している方には不向きで、目元や口元のポイントメイクには専用のリムーバーを使用する必要があります。



ミルクタイプのものでも刺激を感じてしまう場合は、肌に優しい洗顔石鹸を使用する方法もあります。
しかし、メイクを落とすものではないため、日焼け止めや軽いベースメイクを落とす目的で活用するのが望ましいです。

敏感肌のクレンジングのおすすめ関連の情報をたくさん掲載しています。

ミルクタイプのクレンジングの使い方は、まずきれいに手を洗います。

そして、ポイントメイクをしているときは、専用のリムーバーをしみ込ませたコットンをまぶたにのせて、5秒ほど経ってからコットンを滑らすように動かしてメイクを落とします。それから、適正量のクレンジングを手に取って両手で温め、顔の各部分に均等にのせて、指の腹もしくは手の平で、円を描くように内側から外側に向かって優しく伸ばします。最後に、ぬるま湯で優しく丁寧に、すすぎ残しがないようにしっかりとすすぎます。
また、洗顔石鹸の使い方は、まず手をきれいに洗ってからぬるま湯で顔を洗います。
そして、よく泡立てた洗顔料で皮脂の多い部分から先に洗い、頬や目元、口元などを泡を転がすように優しく洗って、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

対策方法

subpage2

すぐに肌がヒリヒリしたり、赤くなったりと、トラブルが出やすい敏感肌の方は、どのようなクレンジングが向いているのでしょうか?肌の角層が荒れて乱れてしまい、本来備わっているはずのバリア機能が弱い状態になった肌のことを、敏感肌と言います。医学的な症状ではなく、摩擦や乾燥や紫外線による外部からの刺激によるダメージや、疲労やストレスの蓄積、加齢や体質などが、様々な要因があると言われています。...

more

知りたい社会事情!

subpage3

敏感肌の方は、洗顔時に気をつけて洗わないと、余計に肌が敏感になってしまうことがあります。このため、肌が乾燥しないように気を配る必要があるわけですが、メイク落としなどのクレンジングの際にも同じことが言えます。...

more

社会関係の情報

subpage4

敏感肌でお悩みの方が、石鹸を選ぶ際のポイントがいくつかあります。まず、石鹸に含まれている成分を確認し、エデト酸やエチドロン酸などの金属封鎖剤が含まれたものは、敏感肌の方には刺激となる可能性があるため、避けることが望ましいです。...

more

読めば解る

subpage5

少しのダメージでも過敏に反応してしまう敏感肌。その原因は、ストレスや、ホルモンバランスの乱れ、紫外線や乾燥など様々です。...

more